スポンサーリンク

人の短を道ふこと無かれ

人の短をふこと無かれ、おのれの長を説くこと無かれ。
人に施しては慎みておもなかれ、施しを受けては慎みて忘るる勿れ。

『座右銘』

(筆者意訳)
人の短所は殊更に言うべきではない。自分の長所を得々と語るべきではない。人に施した時は、見返りを期待したりなどせず忘れてしまえばよい。しかし、施しを受けた時は、その恩を忘れてはならない。

人に施しては、其の報いを責むること毋れ。(ひとにほどこしては、そのむくいをせむることなかれ)

(『菜根譚』)
人に恩を施したからと言って、その見返りを求めてはならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange