2019年10月一覧

NO IMAGE

斎串

斎串(いぐし) (斎(い)み清められた串の意) 1 榊(さかき)や笹などの小枝に幣(ぬさ)をかけて神に供えるもの。玉串(たまぐし)。...

NO IMAGE

蓋然性

蓋然性(がいぜんせい) プロバビリティー(probability) ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実...

NO IMAGE

陥穽

陥穽(かんせい) 1 動物などを落ち込ませる、おとしあな。「陥穽にはまる」 2 人をおとしいれる策略。わな。「詐欺師の仕掛けた陥穽に...

NO IMAGE

敷衍・布衍・敷延

敷衍・布衍・敷延(ふえん) 1 おしひろげること。展開すること。 2 意義・意味をおしひろめて説明すること。また、わかりやすく詳しく...

NO IMAGE

頸木・軛・衡

頸木・軛・衡(くびき) 1 車の轅 (ながえ) の前端に渡して、牛馬の頸の後ろにかける横木。 2 自由を束縛するもの。「くびきを逃れ...

NO IMAGE

而て・而して

而て・而して(しこうして) そして。それから。それに加えて。 然て・然して・而て・而して(しかして) そして。こうして。それか...

NO IMAGE

先に・曩に

先に・曩に・嚮に(さきに) ある物事がその時点より前に行われた意を表す。以前に。 「さきに述べたように」

NO IMAGE

相成度

相成度(あいなりたく) 相成り度く。(できれば・なるべく)そうしていただきたく。 「相成る」は、「なる」の改まった言い方。

NO IMAGE

戌、戍、戊、戉

似ていて間違われやすい字。 戌(いぬ) 十二支の第11。動物ではイヌ。方位では西北西。時刻では午後八時およびその前後二時間。 ...

NO IMAGE

已己巳己

已己巳己(いこみき) (字形が似ているところから) 互いに似ているもののたとえ。

NO IMAGE

譜代・譜第

譜代・譜第(ふだい) 1 何代もその家系が継がれて来ていること。また、その家系を記したもの。系譜。 2 代代、同じ主家に仕えているこ...

NO IMAGE

親藩

親藩(しんぱん) 江戸時代の大名類別の一つで,将軍家を除いた徳川氏の直系と分家をいう。幕府権力の強化・維持に重要な役割を果たした。家康...

NO IMAGE

外様・外方

外様・外方(とざま) 1 鎌倉幕府以後、将軍の一門または譜代の家臣でないこと。また、そのような武家・大名。 2 組織の中などで、主流...

NO IMAGE

茅・萱

茅・萱(かや) イネ科のススキ・チガヤやカヤツリグサ科のスゲなどの総称。 茅・茅萱・白茅(ちがや) イネ科の多年草。

NO IMAGE

漁労・漁撈

漁労・漁撈(ぎょろう) 魚介類や海藻などをとること。また、その作業。りょう。すなどり。 撈る(とる)

NO IMAGE

予て・兼ねて

予て・兼ねて(かねて) 以前から。前から。前もって。かねがね。名詞的にも用いる。 「かねて聞いていたとおり」「かねて(から)の望み」...

NO IMAGE

偏に

偏に(ひとえに) (一重に、の意) 1 ただそのことだけをするさま。いちずに。ひたすら。「御贔屓(ごひいき)のほどを偏にお願い申し上...