2020年06月一覧

NO IMAGE

衆目

衆目(しゅうもく) 多くの人の見る目。多くの人の観察。十目。万目(ばんもく、まんもく)。 「彼が人格者であることは衆目の一致するとこ...

NO IMAGE

些細・瑣細

些細・瑣細(ささい) あまり重要ではないさま。取るに足らないさま。[類]些末・瑣末(さまつ) 「些細なことを気にする」

NO IMAGE

総髪・惣髪

総髪・惣髪(そうはつ) 男子の髪形の一。月代 (さかやき) を剃らず、髪を全体に伸ばし、頭頂や頭の後ろで束ねたもの。束ねずに後ろへなで...

NO IMAGE

夜伽

夜伽(よとぎ) 1 主君のため、病人のためなどに、夜寝ないで付き添うこと。また、その人。 2 女が男の意に従って夜の共寝をすること。...

NO IMAGE

星菫派

星菫派(せいきんは) 1 天の星や地の菫(すみれ)に託して恋愛をうたった浪漫派詩人の一派。明治30年代の与謝野鉄幹・晶子を中心にした明...

NO IMAGE

海千山千

海千山千(うみせんやません) (海に千年、山に千年すんだ蛇(じゃ)は竜(りゅう)になるという言い伝えから) 世間の経験を多く積み、物...

NO IMAGE

辞世

辞世(じせい) 1 この世に別れを告げること。死ぬこと。 2 死に臨んで残す言葉・詩歌。辞世の頌(しょう)。偈頌(げじゅ)。絶命の辞...

NO IMAGE

希代・稀代

希代・稀代(きたい) (「きだい」とも) 世にもまれなこと。めったに見られないこと。また、そのさま。「希代の名馬」「希代の傑物」

NO IMAGE

知らぬ顔の半兵衛

知らぬ顔の半兵衛(しらぬかおのはんべえ) そ知らぬようすをして少しもとりあわない冷淡な者を人名のように呼んだもの。 「知らぬ顔の半兵...

NO IMAGE

頬被り・頰被り

頬被り・頰被り・頬冠り・頰冠り(ほおかぶり) 「ほっかぶり」 「ほおかむり」とも。 1 防寒やほこりよけのため、手ぬぐいなどで頭...

NO IMAGE

鴨・鳧

鴨・鳧(かも) 1 カモ目カモ科の鳥のうち、ガン・ハクチョウ類以外の総称。 2 利用しやすい相手。負かしやすい相手。「いい鴨にされる...

NO IMAGE

天地無用

天地無用(てんちむよう) 運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。 ※「上下を気に...