2020年01月一覧

NO IMAGE

諫言

諫言(かんげん) 目上の人の欠点や過失を指摘して忠告すること。諫(いさ)めること。また、その言葉。 「誠意をもって主君に諫言する」 ...

NO IMAGE

兄弟牆に鬩ぐ

兄弟牆に鬩ぐ(けいてい かきにせめぐ) (「詩経」小雅・常棣から)兄弟、または仲間どうしが内輪でけんかをする。

NO IMAGE

皇考

皇考(こうこう) 在位中の天皇が亡くなった先代の天皇を言う語。 皇祖考(こうそこう) 天子・天皇の亡くなった祖父を敬って...

NO IMAGE

衷情

衷情(ちゅうじょう) うそやいつわりのない、ほんとうの心。まごころ。誠意。衷心。 「衷情を披瀝(ひれき)する」

NO IMAGE

軫念

軫念(しんねん) 天子が心を痛めること。また、天子の心。宸念(しんねん)。

NO IMAGE

閲する

閲する(けみする) 1 調べる。見て確かめる。あらためる。「対日関係の文献を閲する」 2 年月を過ごす。経る。「郷里を出て20年の歳...

NO IMAGE

曠日弥久

曠日弥久・曠日彌久(こうじつびきゅう) 日を曠むなしくして久ひさしきに弥わたる。 (『戦国策』燕策) むなしく日月を費やして、久し...

NO IMAGE

云為

云為(うんい) 1 言ったり、したりすること。言葉と行為。言行。 2 ある事柄を取り上げ、それについて、あれこれ言うこと。うんぬん。

NO IMAGE

一方

一方(ひとかた) (形動)程度が普通であるさま。一とおり。多くあとに、打消しの表現を伴う。 「悲しみようは一方ではない」「ひとかたな...

NO IMAGE

張り

張り(ばり) (接尾)名詞や人名を表す語の下に付いて、それに似ている、または、それに似せているという意を表す。さながらの。…を思わせる...

NO IMAGE

つと

つと (副)ある動作をすばやく、または、いきなりするさま。さっと。急に。不意に。 「つと立ち止まる」

NO IMAGE

ハガキ職人

ハガキ職人(はがきしょくにん) 特定のラジオ番組や雑誌のネタコーナーにハガキを数多く投稿する常連投稿者をいう語。

NO IMAGE

髢・髪文字

髢・髪文字(かもじ) 1(髢)婦人が髪を結うとき添える毛。そえがみ。そえげ。いれがみ。 2 髪をいう女房詞。おかもじ。 3 和船の...