2021年01月一覧

NO IMAGE

無体物

無体物(むたいぶつ) 法律で、音響・香気・電気・熱・光などのように、有形的存在でないもの。[対]有体物。 有体物(ゆうたいぶつ)...

NO IMAGE

宗室

宗室(そうしつ) 1 一族が、その宗主とする家。宗家。本家。 2 天子の一族。皇族。 3 天子や貴人などの祖先の霊廟。 4 茶道...

NO IMAGE

色めき立つ

色めき立つ(いろめきたつ) 緊張や興奮で落ち着かなくなる。動揺しはじめる。 「緊急動議に議場は色めき立った」

NO IMAGE

蒲魚

蒲魚(かまとと) わかっているのに、上品ぶってわからないふりをすること。うぶらしく振る舞うこと。また、その人。カマトト。 「かまとと...

NO IMAGE

外婚制

外婚制(がいこんせい) 個人が自己の属する集団の内部で配偶者を求めることが許されずに,集団外の者と結婚するよう規定されている婚姻制度。...

NO IMAGE

氏族

氏族(しぞく、うじぞく) 共通の祖先をもつこと、あるいは、もつという意識による連帯感のもとに構成された血縁集団。父系もしくは母系のどち...

NO IMAGE

パンテオン

パンテオン 多神教の古代ギリシア,ローマでは,万神殿の意であったが,のち転じて国家的英雄,偉人の霊廟もさすようになった。アテネ,ローマ...

NO IMAGE

其につけて

其につけて(それにつけて) 前の事柄との関係から、後の事柄が生ずることを示す。そのことと関連して。そのことが原因で。それによって。それ...

NO IMAGE

漫ろ

漫ろ(すずろ) (形動)(文語ナリ)(「そぞろ」と同語源) (多く「すずろに」の形で)あてのないさま。また、これといった理由・目的の...

NO IMAGE

免罪符

免罪符(めんざいふ) 1 カトリック教会が善行(献金など)を代償として信徒に与えた一時的罪に対する罰の免除証書。(罰を免じたのだから「...

NO IMAGE

十年一昔

十年一昔(じゅうねん ひとむかし) 世の中は移り変わりが激しく、10年もたつともう昔のこととなってしまう。また、歳月の流れを、10年を...

NO IMAGE

遒勁

遒勁(しゅうけい) (「遒」も「勁」も強い意)書画、文章などで筆勢が力強いこと。また、そのさま。

NO IMAGE

公武合体

公武合体(こうぶがったい) 江戸末期、朝廷(公)と幕府(武)とが一致して外敵の難を処理し、同時に幕府の体制の立て直しを図ろうとした構想...

NO IMAGE

春秋

春秋(しゅんじゅう) 1 春と秋。「春秋の彼岸会」 2 年月。また、一年。「幾春秋を経る」 3 年齢。とし。「いたずらに春秋を重ね...

NO IMAGE

和臭

和臭(わしゅう) 日本のものらしい独特の感じ。また、漢詩文などにみられる、いかにも日本人の作品であると感じさせる言葉の用い方。 「和...

Secured By miniOrange