スポンサーリンク

一粒万倍

一粒万倍(いちりゅうまんばい)

『報恩経』
「世間(よのなか)に利を求むるは、田を耕す者より先んずるはなし、一を種えて万倍す。」に基づく。

わずかなものが大きな利益になることの喩え。

スポンサーリンク

フォローする