スポンサーリンク

聾桟敷

聾桟敷(つんぼさじき)

1 江戸時代の劇場で、正面二階桟敷の最後方の観客席。舞台から遠く離れているために俳優の台詞(せりふ)がよく聞きとれないところからの称。見巧者が集まるので、俳優には重視され、「大向こう」ともいう。つんぼうさじき。
2 関係者、当事者でありながら情報や事情などを知らされないこと。

つんぼ桟敷。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange