スポンサーリンク

一将功成りて万骨枯る

一将功成りて万骨枯る(いっしょうこうなりて ばんこつかる)

(唐の曹松の詩「己亥歳」の一節から)
一人の大将の功名は、多くの兵士が戦死して骨を戦場にさらした結果である。一人の成功者の陰で、多くの犠牲者が忘れられがちなのを戒めていう。

スポンサーリンク

フォローする