四字熟語一覧

NO IMAGE

綱紀

綱紀(こうき) (「綱」は太いつな、「紀」は細いつなの意) 国家を治める大法と細則。また、一般に規律。「綱紀の乱れを正す」 綱...

NO IMAGE

三跪九叩

三跪九叩(さんききゅうこう) 三度、跪(ひざまず)いてから、九回、頭を地面につけるという礼のしかた。中国清朝の皇帝に対する拝礼方式。「...

NO IMAGE

漠漠

漠漠(ばくばく) 1 広々としてはてしのないさま。遠く遙かなさま。遙かに続くさま。 「漠々たる荒野」 2 塵などがまい上がるさま。...

NO IMAGE

暴支膺懲

暴支膺懲(ぼうしようちょう) 支那事変における大日本帝国陸軍のスローガン。「暴戻(暴虐)な支那を懲らしめよ」の意。

NO IMAGE

秋霜烈日

秋霜烈日(しゅうそうれつじつ) (秋の厳しい霜と夏の烈しい日の意から) 1 刑罰・権威・志操などが厳しくおごそかであることのたとえ。...

NO IMAGE

空中楼閣

空中楼閣(くうちゅうろうかく) 1 根拠のない架空の物事。想像で抽象的に構築した物事。空中の楼閣。空中楼台。 2 蜃気楼(しんきろう...

NO IMAGE

越俎之罪

越俎之罪(えっそのつみ) (『荘子』逍遥遊) 自分の職務の分(ぶん)をわきまえずにでしゃばって、他人の権限を侵す罪。出過ぎること。越...

NO IMAGE

読書亡羊

読書亡羊(どくしょぼうよう) 羊の放牧中、本を読んでいて番を怠けたため、羊に逃げられてしまった意。転じて、他のことに気をとられて、肝心...

NO IMAGE

流連・留連

流連・留連(りゅうれん) 遊興にふけって家に帰るのを忘れること。また、夢中になること。 流連荒亡(りゅうれんこうぼう) (...

NO IMAGE

犬馬の労

犬馬の労(けんばのろう) (犬や馬程度の働きの意) 主君または他人のために力を尽くすことをへりくだっていう語。また、身を低くして、他...

NO IMAGE

十年一昔

十年一昔(じゅうねん ひとむかし) 世の中は移り変わりが激しく、10年もたつともう昔のこととなってしまう。また、歳月の流れを、10年を...

NO IMAGE

匪躬

匪躬(ひきゅう) (「易経」蹇卦の「王臣蹇々 (けんけん) す。躬の故に匪 (あら) ず」から) わが身を顧みず、主君または国家のた...

NO IMAGE

蓋世

蓋世(がいせい) (「史記」項羽本紀の「力は山を抜き、気は世を蓋 (おほ) う」から。「かいせい」とも) 世をおおいつくすほど意気が...

NO IMAGE

面壁九年

面壁九年(めんぺきくねん) 菩提達磨(ぼだいだるま)が、中国の少林寺で無言のまま9年間も壁に面して座禅し、悟りを開いたという故事。 ...

NO IMAGE

十年一日

十年一日(じゅうねんいちじつ) 長い年月の間、何の変化もなく同じ状態であること。 「十年一日のごとく平凡な生活が続く」

NO IMAGE

赤手空拳

赤手空拳(せきしゅくうけん) 他からの援助が一切なく、自分の力だけで物事を行うこと。「赤手」は素手の意。[類]徒手空拳。

NO IMAGE

雲壌

雲壌(うんじょう) 雲と大地。天地。両者の間の相違のはなはだしいことのたとえ。雲泥。 雲壌月鼈(うんじょうげつべつ) 両者...

NO IMAGE

西力東漸

西力東漸(せいりきとうぜん) 西洋列強がしだいにアジアに進出するのをいう。 東漸(とうぜん) 勢力が東の方へ次第に伝わり広...

Secured By miniOrange