スポンサーリンク

人間五十年下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり

人間五十年下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり
(じんかんごじゅうねん げてんのうちをくらぶれば ゆめまぼろしのごとくなり)

人の世の50年間は、天界の時間と比べれば夢幻のように儚いものだ、という意のことば。幸若舞「敦盛」の一節。
人間(じんかん)は、「人の住んでいる世界。世間」。化天(化楽天)は、「仏教における天上界のひとつで、ここに生まれたものは、自ら楽しみの境地をつくって楽しみ、八百歳を一日として八千年の長寿を得るという。化自楽天。化自在天。楽変化天。」。

※「人間(にんげん)の人生は50年」という意ではない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange