スポンサーリンク

何事の おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる

何事の おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる
(なにごとの おわしますかは しらねども かたじけなさに なみだこぼるる)

西行法師が伊勢神宮に参拝した際に詠んだとされる歌。

どのような存在がいらっしゃるかは、分かりませんが、もったいなさに涙がこぼれます。


内宮にまうでて

おはします かたじけなさを 何事も しりてはいとど 涙こぼるる(橘曙覧)


仏はつねにいませども うつつならぬぞあはれなる 人の音せぬあかつきに、ほのかに夢に見えたまふ

『梁塵秘抄』法文歌。

仏は常にいらっしゃるけれど、俗世に住む我々には現実にそのお姿を見ることができないことが、しみじみと尊いことだ。人の寝静まった物音のしない夜明けごろに、かすかに夢の中にそのお姿をお現しになることだ。
(weblio 学研全訳古語辞典)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange