スポンサーリンク

縒りを掛ける

縒りを掛ける(よりをかける)

1 糸に縒りを施す。
2「腕に縒りを掛ける」の略。「よりをかけて料理をつくる」

縒り・撚り(より)

糸・縄などをねじって、互いにからみ合わせること。そうした物。
「糸に縒りをかける」「よりをもどす」(もと通りにする。特に、一度別れた男女が、またもとの仲になる)

腕に縒りを掛ける(うでに よりをかける)

自信のある腕前を十分に発揮しようと意気込む。
「腕に縒りを掛けた料理」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。