スポンサーリンク

声聞過情

声聞過情(せいぶんかじょう)

(『孟子』離婁(りろう)・下)実際の能力よりも評判が高いこと。「声聞情に過ぐ」と訓読する。「情」は、「実」と同義。

声聞情に過ぐるは、君子これを恥ず(せいぶんじょうにすぐるは、くんしこれをはず)

実績を伴わない名声はすぐに消えてしまうものであるから、君子にとっては恥である。(実績以上の名声を得ようとするのは、よくない。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange