スポンサーリンク

李下に冠を正さず

李下に冠を正さず

(『古楽府・君子行』)
瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず(かでんにくつをいれず、りかにかんむりをたださず)

瓜畑では靴が脱げても履き直してはいけない(瓜を盗むと疑われる)。スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとしてはいけない(実を盗むのかと疑われる)。

人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるということのたとえ。
瓜田李下(かでんりか)。李下瓜田(りかかでん)

スポンサーリンク

フォローする