言葉一覧

NO IMAGE

蠧毒

蠧毒(とどく) (「蠹」はキクイムシ、またはシミのこと) 害虫がものを食害すること。むしばむこと。転じて、物事に害を与えること。悪い...

NO IMAGE

諫争・諫諍

諫争・諫諍(かんそう) 争ってまでも強く目上をいさめること。面を犯すこと。 面を犯す(おもてをおかす) 目上の人の気持ちに...

NO IMAGE

神色

神色(しんしょく) 精神と顔色。また、顔色。様子。 神色自若(しんしょくじじゃく) 大事に直面しても沈着で顔色が平常と少し...

NO IMAGE

つくねん

つくねん (多く「と」を伴って用いる)なすこともなく、ひとり、じっとしているさまを表わす語。じっと。ぼんやり。「広い部屋につくねんと座...

NO IMAGE

粘稠・黏稠

粘稠・黏稠(ねんちゅう) ねばりけがあって濃いこと。また、そのさま。「粘稠な液体」「粘稠剤」

NO IMAGE

泥水稼業

泥水稼業(どろみずかぎょう) 芸妓や娼妓を職業として日々の生活をたてること。泥水渡世。泥水商売。

NO IMAGE

無碍・無礙

無碍・無礙(むげ) 仏語。さしさわりのないこと。障害のないこと。さまたげられていないこと。とらわれることなく自由であること。また、気ま...

NO IMAGE

テリーヌ

テリーヌ(仏) つぶして調味した魚・肉・野菜などを陶製の器に入れ、天火で蒸し焼きにした料理。冷まして薄切りにし、前菜に用いる。本来は、...

NO IMAGE

全人・真人

全人・真人(まとうど・またうど) 純朴で正直な人。きまじめな人。また、度を過ぎて律義な人。愚直な人。まとうもの。 (形動)愚直な...

NO IMAGE

全人的

全人的(ぜんじんてき) (形動) 全人格を総合的にとらえるさま。人間を、身体・心理・社会的立場などあらゆる角度から判断するさま。「全...

NO IMAGE

全人

全人(ぜんじん) 1 知識・感情・意志の調和した円満な人。完全な人格を備えた人。また、五体が完全な人。 2 人の全体。人のすべて。

NO IMAGE

兼愛

兼愛(けんあい) 戦国時代に墨子 (ぼくし) の説いた博愛思想。 墨子は諸子百家の1つである墨家 (ぼくか) の始祖。孔子の仁は利己...

NO IMAGE

スヌード

スヌード(snood) 1 女性が髪をまとめて留めるためのネット、またはネット状の帽子。 2 毛糸などで作った筒状のネックウオーマー...

NO IMAGE

碧瑠璃・碧琉璃

碧瑠璃・碧琉璃(へきるり) 1 青色の瑠璃。また、その色。「碧瑠璃の天」 2 青々と澄みとおった水や空のたとえ。「碧瑠璃をたたえた湖...

NO IMAGE

ズック

ズック 1 太い亜麻糸、または、木綿糸を用いた厚地の平織物。織目が密で丈夫なので、靴・かばん・帆布・テント・担架・天幕などに用いられる...

NO IMAGE

為ん方無い・詮方無い

為ん方無い・詮方無い(せんかたない) (「詮」は当て字) なすべき方法が見つからない。どうしようもない。「せん方なくあきらめる」「悔...

Secured By miniOrange