言葉一覧

NO IMAGE

紙鳶・凧

紙鳶・凧(いか) (形が烏賊(いか)に似ていたことから) 凧(たこ)。烏賊幟(いかのぼり)。関西地方でいう。 紙鳶(しえん)

NO IMAGE

耳朶

耳朶(じだ) 耳たぶ。また、耳。 耳朶に触れる(じだにふれる) 耳に入る。聞き及ぶ。聞く。 「世間の取り沙汰が耳朶に触れ...

NO IMAGE

院宣

院宣(いんぜん) 平安時代以降、院司が上皇または法皇の命令を受けて出す文書。

NO IMAGE

オレンジ計画

オレンジ計画 1920年代にアメリカ合衆国陸軍において、日本やイギリス、ドイツなどの国を仮想敵国として検討されたシミュレーション、「カ...

NO IMAGE

脂下がる

脂下がる(やにさがる) 1 雁首を上に向けて、反そり気味にキセルをくわえる。 2 得意になってにやにやする。気取る。「女性に囲まれて...

NO IMAGE

端無くも

端無くも(はしなくも) 何のきっかけもなく事が起こるさま。思いがけなく。偶然に。はしなく。 「はしなくも賞を授けられ光栄の至りです」...

NO IMAGE

紀元節

紀元節(きげんせつ) 2月11日。古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日をもって定めた祝日。1873年(明治6年)に...

NO IMAGE

浮ぶ・泛ぶ

浮ぶ・泛ぶ(うかぶ) 泛泛・汎汎(はんぱん) 「はんはん」とも。 1 浮かび漂うさま。 2 軽々しいさま。

NO IMAGE

乍・乍ら

乍・乍ら(ながら) 「ラジオを聞きながら勉強する」「狭いながらも楽しく暮らす」「昔ながらの街道」

NO IMAGE

膕(ひかがみ) ひざの後ろのくぼんでいる所。膝窩(しっか)。よぼろ。

NO IMAGE

枳・枳殻・枸橘

枳・枳殻・枸橘(からたち) 「きこく」とも。ミカン科の落葉低木。 (「枳殻」は漢名から。和名は、唐(から)(中国の古称)から渡来した...

NO IMAGE

掏摸・掏児

掏摸・掏児(すり) 他人が身につけている金品を、その人に気づかれないように、すばやく盗み取ること。また、その者。巾着切(きんちゃくきり...

NO IMAGE

匆匆・怱怱

匆々・怱怱(そうそう) 1 あわただしいさま。忙しいさま。 「朝食もとらず匆々に出勤する」「烏兎匆匆」 2 手紙文の末尾に、急ぎ走...

NO IMAGE

圭角

圭角(けいかく) (「圭」は玉の意) 玉のとがったかど。転じて、言語や動作などがかどだっていて、人と折り合わないこと。気性が鋭く円満...

Secured By miniOrange