スポンサーリンク

好き者

好き者(すきもの)

1 物好きな人。好事家 (こうずか) 。また、風流を好む人。好き者(すきしゃ)。
2 好色な人。色好み。

数寄者(すきしゃ)

風流人。とくに茶の湯を趣味とする人。本来は「好き者(もの)」の意で、『伊勢物語』などでは好色な男を指すが、中世になって風流を好む人を意味するようになり、『日葡辞書』には「茶の湯の道とその修業に打ちこんでいる人」とある。
明治時代以後、財界、政界の著名人のなかに茶の湯を趣味とする名物道具の収集家があらわれ、単に数寄者というとき、彼らを指している。鈍翁益田孝をはじめ、青山根津嘉一郎、逸翁小林一三などの多くの数寄者によって近代茶道は発展をみ、またその美術コレクションは根津美術館、逸翁美術館などとして残されている例が多い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。