スポンサーリンク

縁の下の力持ち

縁の下の力持ち(えんのしたのちからもち)

人には見えないところで力をつくし、苦労すること(人)のたとえ。脚光を浴びていないが、陰で重要な役割を果たす者のたとえ。

今日では、よい意味で使われる。明治大正の頃までは、おおむね否定的な文脈で使われた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange