スポンサーリンク

病は以て身を保つべし

病は以て身を保つべし(やまいはもって みをたもつべし)

(『菜根譚』後集119条)
病気があるために体を大切にし健康を保つ。(ものは考えようである。)

子生而母危、鏹積而盗窺、何喜非憂也。
貧可以節用、病可以保身、何憂非喜也。
故達人当順逆一視而欣戚両忘。

子(こ)生まるるや、而(すなわ)ち母危く、鏹(キョウ)積むや、而(すなわ)ち盗(ぬすびと)窺う、何の喜びか憂いに非(あら)ざらん。
貧(ひん)は以て用を節すべく、病は以て身を保つべし。何の憂いか喜びに非ざらん。
故(ゆえ)に達人(たつじん)は、当(まさ)に順逆も一に視(み)、欣戚(きんせき)も両(ふた)つながら忘るべし。

子供が生れる時は、母親は危険な状態となり、金が溜まれば盗人に狙われる、どんな喜びも心配ばかりである。
貧乏だから節約するようになり、病気があるために体を大切にするようになる、どんな心配事も不安ばかりではない。
だから、悟った者は、順境も逆境も表裏一体であることに気付き、喜び悲しみを両忘して調和できる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange