スポンサーリンク

類感呪術

類感呪術(るいかんじゅじゅつ)

(homoeopathic magic)
イギリスの人類学者 J.G.フレーザーによって提唱された共感呪術の2つの型のうちの一つ。模倣呪術とも訳される。特定の個人に呪いや危害を加えたいときに、木や紙などで相手の人形をつくり、あたかもそれが本人であるかのように呪いの言葉を浴びせたり、刃物や釘などで傷つけたりする行為をいう。似たものは似たものを生じる、あるいは結果はその原因に似るという類似律に基づくとされる。日本の丑の時参りでわら人形に五寸釘を打った行為もこれにあたる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange