スポンサーリンク

座頭

座頭(ざとう)

1 一座の長。中世には、商業、手工業、芸能などの諸座の長をいう。
2 室町時代、盲人の琵琶法師の官名。当道座の四官(検校・別当・勾当・座頭)の最下位。
3 盲人で剃髪(ていはつ)して僧体となり、琵琶、箏、三味線、胡弓などを弾いて歌を歌い、語り物を語り、また、あんま、はり、金貸しなどを業とした者の総称。座頭の坊。ざとのぼう。ざっつの坊。ざっとの坊。
4 目の見えない人。盲人。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange