スポンサーリンク

四弘誓願

四弘誓願(しぐせいがん)

曹洞宗では「しくせいがん」と読む。四弘誓、四弘願行、四弘行願、四弘願,四弘ともいう。すべての菩薩が修行の初めに起す4つの願いで総願ともいわれ、次の4つをさす。
衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど) 地上にいるあらゆる生き物をすべて救う。
煩悩無量誓願断(ぼんのうむりょうせいがんだん) 煩悩は無量だが、すべて断つ。
法門無尽誓願智(ほうもんむじんせいがんち) 法門は無尽だが、すべて知る(学ぶ)。
仏道無上誓願成(ぶつどうむじょうせいがんじょう) 仏の道は無上だが、かならず成仏する(悟る)。

以上の四弘誓願は仏前で読誦されるが,宗派によって字句に多少の相違がある。真言宗では煩悩無量誓願断の代りに福智無辺誓願集,如来無辺誓願事を加えて五大願とし,五智の働きとする。
(参考:Wikipedia

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange