スポンサーリンク

過ちて改めざる是を過ちという

過ちて改めざる是を過ちという(あやまちて あらためざる これをあやまちという)

(「論語」衛霊公から)過ちはだれでも犯すが、本当の過ちは、過ちと知っていながら悔い改めないことである。

過ちては則ち改むるに憚ること勿れ
(あやまちては すなわち あらたむるに はばかることなかれ)(過ちては改むるに憚ること勿れ)
(「論語」学而から)過ちを犯したら、ためらわないで改めよ。

善を見ては則ち遷り、過ち有れば則ち改む
(ぜんをみては すなわちかえり、あやまちあれば すなわち あらたむ)

(『易』益卦象伝)善を見たら、すぐこれを学び行い、自分に過ちがあれば、すぐにこれを改める。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange