スポンサーリンク

情けは人の為ならず

情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)

情けを人にかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来るということ。(だから、情けは掛けた方がよいということ)

※「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」という意ではない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange