スポンサーリンク

吉利支丹・切支丹

吉利支丹・切支丹(きりしたん)

(ポルトガル)
天文18年(1549)フランシスコ=ザビエルの布教以来、日本に広がったキリスト教(カトリック)、またその信徒。江戸幕府は邪宗として弾圧した。伝来の当初は南蛮宗・伴天連宗 (バテレンしゅう) ともよばれ、5代将軍徳川綱吉のときから「吉」の字を避けて「切支丹」の字が当てられた。キリシタン。貴利支丹。貴理師端。幾里志丹。鬼里至端。切死端。毀理至炭。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange