スポンサーリンク

一心太助

一心太助

江戸時代初期の江戸の魚屋といわれ,講談,小説,戯曲に登場する(おそらく架空の)人物。腕に「一心如鏡、一心白道」の入墨があったことに、その名は由来する。義侠心に富み,江戸っ子の典型。大久保彦左衛門忠教の愛顧を受けたという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange