スポンサーリンク

無一物

無一物(むいちぶつ)

何もないこと。何も持っていないこと。むいちもつ。
「戦争で無一物になった」「破産して無一物になる」

菩提本無樹(菩提もとじゅ無し)
明鏡亦非台(明鏡も亦だいに非ず)
本来無一物(本来無一物)
何処惹塵埃(いずれの処にか塵埃じんあいかん)

(大意(筆者による))
もともと悟りが宿る樹(身)などというものはない。
明鏡のこころなどもない。
本来、何もないのである。
ゆえに、ちりほこりなどつきようがないのだ。

中国、唐の僧で禅宗の第6祖の慧能(えのう)の言葉といわれる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。