スポンサーリンク

鬼も十八番茶も出花

鬼も十八番茶も出花(おにもじゅうはち ばんちゃもでばな)

鬼でも年ごろになれば少しは美しく見え、番茶でもいれたばかりは香りがある。器量が悪くても年ごろになれば少しは娘らしい魅力が出てくるということのたとえ。
古くは、男女いずれにもいったが、現在は女性についていう。
[類]鬼も十八蛇も二十。薊の花も一盛り。

鬼も十八蛇も二十(おにもじゅうはち じゃもはたち)
「鬼も十八番茶も出花」に同じ。

薊の花も一盛り(あざみのはなも ひとさかり)

トゲが多く、あまり人に好かれないアザミでも、花が咲く美しい時期があることから。
意味は「鬼も十八番茶も出花」に同じ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。