スポンサーリンク

歴代天皇・元号

漢風諡号   在位(西暦) ●元号

1 神武(じんむ)前660~前585
2 綏靖(すいぜい)前581~前549
3 安寧(あんねい)前549~前511
4 懿徳(いとく)前510~前477
5 孝昭(こうしょう)前475~前393
6 孝安(こうあん)前392~前291
7 孝霊(こうれい)前290~前215
8 孝元(こうげん)前214~前158
9 開化(かいか) 前158~前98
10 崇神(すじん) 前97~前30
11 垂仁(すいにん)前29~70
12 景行(けいこう)71~130
13 成務(せいむ) 131~190
14 仲哀(ちゅうあい)192~200
15 応神(おうじん) 270~310
16 仁徳(にんとく) 313~399
17 履中(りちゅう) 400~405
18 反正(はんぜい) 406~410
19 允恭(いんぎょう)412~453
20 安康(あんこう) 453~456
21 雄略(ゆうりゃく)456~479
22 清寧(せいねい) 480~484
23 顕宗(けんぞう) 485~487
24 仁賢(にんけん) 488~498
25 武烈(ぶれつ)  498~506
26 継体(けいたい) 507~531
27 安閑(あんかん) 531~535
28 宣化(せんか)  535~539
29 欽明(きんめい) 539~571
30 敏達(びだつ)  572~585
31 用明(ようめい) 585~587
32 崇峻(すしゅん) 587~592
33 推古(すいこ)女帝592~628
34 舒明(じょめい) 629~641
35 皇極(こうぎょく)女帝642~645
36 孝徳(こうとく) 645~654
 ●大化(たいか)645~ 650、白雉(はくち)650~ 654
37 斉明(さいめい)(36皇極の重祚) 655~661
38 天智(てんじ)  668~671
39 弘文(こうぶん) 671~672
40 天武(てんむ)  673~686
 ●朱鳥(しゅちょう(すちょう、あかみとり))686
41 持統(じとう)女帝690~697
42 文武(もんむ)  697~707
 ●大宝(たいほう)701~704、慶雲(けいうん)704~708
43 元明(げんめい)女帝707~715
 ●和銅(わどう)708~715
44 元正(げんしょう)女帝715~724
 ●霊亀(れいき)715~717、養老(ようろう)717~724
45 聖武(しょうむ) 724~749
 ●神亀(じんき)724~729、天平(てんぴょう)729~749、天平感宝(てんぴょうかんぽう)749
46 孝謙(こうけん)女帝749~758
 ●天平勝宝(てんぴょうしょうほう)749~757、天平宝字(てんぴょうほうじ)757~765
47 淳仁(じゅんにん)758~764 天平宝字
48 称徳(46孝謙の重祚)(しょうとく)764~770
 ●天平神護(てんぴょうしんご)765~767、神護景雲(しんごけいうん)767~770
49 光仁(こうにん) 770~781
 ●宝亀(ほうき)770~781、天応(てんおう(てんのう))781~782
50 桓武(かんむ)  781~806
 ●天応、延暦(えんりゃく)782~806
51 平城(へいぜい) 806~809
 ●延暦、大同(だいどう)806~810
52 嵯峨(さが)   809~823
 ●大同、弘仁(こうにん)810~824
53 淳和(じゅんな) 823~833
 ●弘仁、天長(てんちょう)824~834
54 仁明(にんみょう)833~850
 ●天長、承和(じょうわ(しょうわ))834~848、嘉祥(かしょう(かじょう))848~851
55 文徳(もんとく) 850~858
 ●嘉祥、仁寿(にんじゅ)851~854、斉衡(さいこう)854~857、天安(てんあん(てんなん))857~859
56 清和(せいわ)858~876
 ●天安、貞観(じょうがん)859~877
57 陽成(ようぜい)876~884
 ●貞観、元慶(がんぎょう)877~885
58 光孝(こうこう)884~887
 ●元慶、仁和(にんな)885~889
59 宇多(うだ)  887~897
 ●仁和、寛平(かんぴょう(かんぺい、かんへい))889~898
60 醍醐(だいご) 897~930
 ●寛平、昌泰(しょうたい)898~901、延喜(えんぎ)901~923、延長(えんちょう)923~931
61 朱雀(すざく) 930~946
 ●延長、承平(じょうへい(しょうへい))931~938、天慶(てんぎょう(てんきょう))938~947
62 村上(むらかみ)946~967
 ●天慶、天暦(てんりゃく)947~957、天徳(てんとく)957~961、応和(おうわ)961~964、康保(こうほう)964~968
63 冷泉(れいぜい)967~969
 ●康保、安和(あんな(あんわ))968~970
64 円融(えんゆう)969~984
 ●安和、天禄(てんろく)970~973、天延(てんえん)973~976、貞元(じょうげん)976~978、天元(てんげん)978~983、永観(えいかん)983~985
65 花山(かざん) 984~986
 ●永観、寛和(かんな(かんわ))985~ 987
66 一条(いちじょう)986~1011
 ●寛和、永延(えいえん)987~989、永祚(えいそ)989~990、正暦(しょうりゃく)990~995、長徳(ちょうとく)995~999、長保(ちょうほう)999~1004、寛弘(かんこう)1004~1012
67 三条(さんじょう)1011~1016
 ●寛弘、長和(ちょうわ)1012~1017
68 後一条(ごいちじょう)1016~1036
 ●長和、寛仁(かんにん)1017~1021、治安(じあん)1021~1024、万寿(まんじゅ)1024~1028、長元(ちょうげん)1028~1037
69 後朱雀(ごすざく)  1036~1045
 ●長元、長暦(ちょうりゃく)1037~1040、長久(ちょうきゅう)1040~1044、寛徳(かんとく)1044~1046
70 後冷泉(ごれいぜい) 1045~1068
 ●寛徳、永承(えいしょう(えいじょう))1046~1053、天喜(てんぎ(てんき))1053~1058、康平(こうへい)1058~1065、治暦(じりゃく)1065~1069
71 後三条(ごさんじょう)1068~1072
 ●治暦、延久(えんきゅう)1069~1074
72 白河(しらかわ) 1072~1086
 ●延久、承保(じょうほう(しょうほう))1074~1077、承暦(じょうりゃく(しょうりゃく))1077~1081、永保(えいほう)1081~1084、応徳(おうとく)1084~1087
73 堀河(ほりかわ) 1086~1107
 ●応徳(おうとく)、寛治(かんじ)1087~1094、嘉保(かほう)1094~1096、永長(えいちょう)1096~1097、承徳(じょうとく(しょうとく))1097~1099、康和(こうわ)1099~1104、長治(ちょうじ)1104~1106 、嘉承(かしょう(かじょう))1106~1108
74 鳥羽(とば)1107~1123
 ●嘉承、天仁(てんにん)1108~1110、天永(てんえい)1110~1113、永久(えいきゅう)1113~1118、元永(げんえい)1118~1120、保安(ほうあん)1120~1124
75 崇徳(すとく)1123~1141
 ●保安、天治(てんじ)1124~1126、大治(だいじ)1126~1131、天承(てんしょう(てんじょう))1131~1132、長承(ちょうしょう)1132~1135、保延(ほうえん)1135~1141、永治(えいじ)1141~1142
76 近衛(このえ)1141~1155
 ●永治、康治(こうじ)1142~1144、天養(てんよう)1144~1145、久安(きゅうあん)1145~1151、仁平(にんぺい(にんぴょう))1151~1154、久寿(きゅうじゅ)1154~1156
77 後白河(ごしらかわ)1155~1158
 ●久寿、保元(ほうげん)1156~1159
78 二条(にじょう)1158~1165
 ●保元、平治(へいじ)1159~1160、永暦(えいりゃく)1160~1161、応保(おうほう(おうほ))1161~1163、長寛(ちょうかん)1163~1165、永万(えいまん)1165~1166
79 六条(ろくじょう)1165~1168
 ●永万、仁安(にんあん)1166~1169
80 高倉(たかくら) 1168~1180
 ●仁安、嘉応(かおう)1169~1171、承安(じょうあん)1171~1175、安元(あんげん)1175~1177、治承(じしょう)1177~1181
81 安徳(あんとく)1180~1183
 ●治承、養和(ようわ)1181~1182、寿永(じゅえい)1182~1184
82 後鳥羽(ごとば) 1183~1198
 ●寿永、元暦(げんりゃく)1184~1185、文治(ぶんじ)1185~1190、建久(けんきゅう)1190~1199
83 土御門(つちみかど)1198~1210
 ●建久、正治(しょうじ)1199~1201、建仁(けんにん)1201~1204、元久(げんきゅう)1204~1206、建永(けんえい)1206~1207、承元(じょうげん)1207~1211
84 順徳(じゅんとく) 1210~1221
 ●承元、建暦(けんりゃく)1211~1213、建保(けんぽう)1213~1219、承久(じょうきゅう)1219~1222
85 仲恭(ちゅうきょう)1221~1221
 ●承久
86 後堀河(ごほりかわ)1221~1232
 ●承久、貞応(じょうおう)1222~1224、元仁(げんにん)1224~1225、嘉禄(かろく)1225~1227、安貞(あんてい)1227~1229、寛喜(かんき)1229~1232、貞永(じょうえい)1232~1233
87 四条(しじょう)1232~1242
 ●貞永、天福(てんぷく)1233~1234、文暦(ぶんりゃく)1234~1235、嘉禎(かてい)1235~1238、暦仁(りゃくにん)1238~1239、延応(えんおう)1239~1240、仁治(にんじ)1240~1243
88 後嵯峨(ごさが)1242~1246
 ●仁治、寛元(かんげん)1243~1247
89 後深草(ごふかくさ)1246~1259
 ●寛元、宝治(ほうじ)1247~1249、建長(けんちょう)1249~1256 、康元(こうげん)1256~1257、正嘉(しょうか)1257~1259、正元(しょうげん)1259~1260
90 亀山(かめやま) 1259~1274
 ●正元、文応(ぶんおう)1260~1261、弘長(こうちょう)1261~1264、文永(ぶんえい)1264~1275
91 後宇多(ごうだ) 1274~1287
 ●文永、建治(けんじ)1275~1278、弘安(こうあん)1278~1288
92 伏見(ふしみ) 1287~1298
 ●弘安、正応(しょうおう)1288~1293、永仁(えいにん)1293~1299
93 後伏見(ごふしみ)1298~1301
 ●永仁、正安(しょうあん)1299~1302
94 後二条(ごにじょう)1301~1308
 ●正安、乾元(けんげん)1302~1303、嘉元(かげん)1303~1306、徳治(とくじ)1306~1308
95 花園(はなぞの) 1308~1318
 ●延慶(えんきょう)1308~1311、応長(おうちょう)1311~1312、正和(しょうわ)1312~1317、文保(ぶんぽう)1317~1319
96 後醍醐(ごだいご)1318~1339
 ●文保、元応(げんおう)1319~1321、元亨(げんこう)1321~1324、正中(しょうちゅう)1324~1326
、嘉暦(かりゃく)1326~1329、元徳(げんとく)(南北朝)1329~1331、元弘(げんこう)1331~1334、建武(けんむ)1334~1336、延元(えんげん)1336~1340
97 後村上(ごむらかみ)1339~1368
 ●延元、興国(こうこく)1340~1346、正平(しょうへい)1346~1370
98 長慶(ちょうけい) 1368~1383
 ●正平、建徳(けんとく)1370~1372、文中(ぶんちゅう)1372~1375、天授(てんじゅ)1375~1381、弘和(こうわ)1381~1384
99 後亀山(ごかめやま)1383~1392
 ●弘和、元中(げんちゅう)1384~1392
(元中9年(1392)、後亀山天皇が退位して南北朝合一が成った(明徳の和約)。元号は「明徳」に統一された。)
北朝1代 光厳(こうごん) 1331~1333
 ●(元徳(北朝)1329~1332)、元弘(げんこう)1331~1334、正慶(しょうけい(しょうきょう))1332~1334
北朝2代 光明(こうみょう)1336~1348
 ●建武(けんむ)1334~1338、暦応(りゃくおう(れきおう))1338~1342、康永(こうえい)1342~1345、貞和(じょうわ(ていわ))1345~1350
北朝3代 崇光(すこう) 1348~1351
 ●貞和、観応(かんおう、かんのう)1350~1352
北朝4代 後光厳(ごこうごん)1352~1371
 ●観応、文和(ぶんな(ぶんわ))1352~1356、延文(えんぶん)1356~1361、康安(こうあん)1361~1362、貞治(じょうじ、ていじ)1362~1368、応安(おうあん)1368~1375
北朝5代 後円融(ごえんゆう)1371~1382
 ●応安、永和(えいわ)1375~1379、康暦(こうりゃく)1379~1381、永徳(えいとく)1381~1384
100 後小松(ごこまつ) 1382~1412
 ●元中(げんちゅう)1384~1392、至徳(しとく)1384~1387、嘉慶(かけい(かきょう))1387~1389、康応(こうおう)1389~1390、明徳(めいとく)1390~1394、応永(おうえい)1394~1428
101 称光(しょうこう) 1412~1428
 ●応永、正長(しょうちょう)1428~1429
102 後花園(ごはなぞの)1428~1464
 ●正長、永享(えいきょう)1429~1441、嘉吉(かきつ)1441~1444 、文安(ぶんあん)1444~1449、宝徳(ほうとく)1449~1452、享徳(きょうとく)1452~1455、康正(こうしょう)1455~1457、長禄(ちょうろく)1457~1460、寛正(かんしょう)1460~1466
103 後土御門(ごつちみかど)1464~1500
 ●寛正、文正(ぶんしょう)1466~1467、応仁(おうにん)1467~1469、文明(ぶんめい)1469~1487、長享(ちょうきょう)1487~1489、延徳(えんとく)1489~1492、明応(めいおう)1492~1501
104 後柏原(ごかしわばら) 1500~1526
 ●明応、文亀(ぶんき)1501~1504、永正(えいしょう)1504~1521、大永(だいえい)1521~1528
105 後奈良(ごなら)  1526~1557
 ●大永、享禄(きょうろく)1528~1532、天文(てんぶん)1532~1555、弘治(こうじ)1555~1558
106 正親町(おおぎまち)1557~1586
 ●弘治、永禄(えいろく)1558~1570、元亀(げんき)1570~1573、天正(てんしょう)1573~1592
107 後陽成(ごようぜい)1586~1611
 ●天正、文禄(ぶんろく)1592~1596、慶長(けいちょう)1596~1615
108 後水尾(ごみずのお)1611~1629
 ●慶長、元和(げんな)1615~1624、寛永(かんえい)1624~1644
109 明正(めいしょう)女帝1629~1643
 ●寛永
110 後光明(ごこうみょう)1643~1654
 ●寛永、正保(しょうほう)1644~1648、慶安(けいあん)1648~1652、承応(じょうおう)1652~1655
111 後西(ごさい)  1654~1663
 ●承応、明暦(めいれき)1655~1658、万治(まんじ)1658~1661、寛文(かんぶん)1661~1673
112 霊元(れいげん)1663~1687
 ●寛文、延宝(えんぽう)1673~1681、天和(てんな)1681~1684、貞享(じょうきょう)1684~1688
113 東山(ひがしやま)1687~1709
 ●貞享、元禄(げんろく)1688~1704、宝永(ほうえい)1704~1711
114 中御門(なかみかど)1709~1735
 ●宝永、正徳(しょうとく)1711~1716、享保(きょうほう)1716~1736
115 桜町(さくらまち)1735~1747
 ●享保、元文(げんぶん)1736~1741、寛保(かんぽう、かんぽ)1741~1744 、延享(えんきょう)1744~1748
116 桃園(ももぞの)1747~1762
 ●延享、寛延(かんえん)1748~1751、宝暦(ほうれき)1751~1764
117 後桜町(ごさくらまち)女帝1762~1770
 ●宝暦、明和(めいわ)1764~1772
118 後桃園(ごももぞの)1770~1779
 ●明和、安永(あんえい)1772~1781
119 光格(こうかく)1779~1817
 ●安永、天明(てんめい)1781~1789、寛政(かんせい)1789~1801 、享和(きょうわ)1801~1804、文化(ぶんか)1804~1818
120 仁孝(にんこう)1817~1846
 ●文化、文政(ぶんせい)1818~1830、天保(てんぽう)1830~1844、弘化(こうか)1844~1848
121 孝明(こうめい)1846~1866
 ●弘化、嘉永(かえい)1848~1854、安政(あんせい)1854~1860、万延(まんえん)1860~1861、文久(ぶんきゅう)1861~1864、元治(げんじ)1864~1865、慶応(けいおう)1865~1868
122 明治(めいじ) 1867(慶応3).1.9~1912(大正元).7.30
 ●慶應、明治
123 大正(たいしょう)1912(大正元).7.30~1926(昭和元).12.25
124 昭和(しょうわ)裕仁(ひろひと) 1926(昭和元).12.25~1989(昭和64).1.7
125 上皇 明仁(あきひと)1989(昭和64).1.7~2019(平成31).4.30
 ●平成
126 今上 徳仁(なるひと)2019(令和元).5.1~
 ●令和

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange