スポンサーリンク

注ぐ・灌ぐ・潅ぐ

注ぐ・灌ぐ・潅ぐ・漑ぐ・灑ぐ(そそぐ)

(自動詞)
1 水が流れ込む。 「東京湾に注ぐ川」
2 雨・雪などが降りかかる。 「竹の葉に注ぐ雨」

(他動詞)
1 液体を容器などに流し込む。「田に水を注ぐ」「椀わんに汁を注ぐ」
2 上からふりかける。「甘茶を注ぐ」「降り注ぐ光」
3 (涙を)流す。おとす。「花にも涙を注ぐ」
4 心・力などをそのほうに向ける。集中する。
「愛情を注ぐ」「完成に力を注ぐ」「全員の視線が注がれる」「心血を注ぐ」

(灌)水を引いて流しこむ。草木などに上から水をそそぎかける。
「田んぼに水を灌(注)ぐ」「墓石に水を灌(注)ぐ」

雪ぐ・濯ぐ(そそぐ)
(「濯く(すすく)」の転)
1 身に受けた汚名・冤罪えんざいなどを晴らし、名誉を挽回ばんかいする。すすぐ。「恥を雪ぐ」
2 水などで汚れを除く。清める。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange