スポンサーリンク

判官贔屭

判官贔屭(ほうがんびいき)

(判官(ほうがん)源義経が兄頼朝に滅ぼされたのに人々が同情したことから)
弱者や薄幸の者に同情し味方すること。また、その気持ち。はんがんびいき。

判官(ほうがん)は、「四等官の第三等官。特に、衛府の尉 (じょう) であって検非違使 (けびいし) を兼ねる者」。(検非違使の尉であったところから)源義経の通称。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange