スポンサーリンク

マッカーシズム

マッカーシズム(McCarthyism)

1950年代初頭、アメリカの共和党上院議員マッカーシー(Joseph Raymond McCarthy)の活動に代表される極端な反共主義およびこれと関連する一連の思想・言論・政治活動への抑圧。俗に「赤狩り」と呼ばれ、あまりに狂信的で過激な運動であったのでしだいに反発を買い、1954年12月、マッカーシーが上院の査問決議で失脚するとともに下火となった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange