スポンサーリンク

憂きことのなおこの上につもれかし限りある身の力ためさん

憂きことの なおこの上に つもれかし 限りある身の 力ためさん
(うきことの なおこのうえにつもれかし かぎりあるみの ちからためさん)

江戸時代の儒学者・熊沢蕃山の作ともされるが、未詳。

(筆者訳・大意)
つらいことが、なお降りかかるなら降りかかれ、我が身の限りを試してやろうではないか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange