スポンサーリンク

身体髪膚これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始なり

身体髪膚これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始なり
(しんたいはっぷ これをふぼにうく あえてきしょうせざるは こうのはじめなり)

(『孝経』開宗明義章)
人の身体はすべて父母から恵まれたものであるから、傷つけないようにするのが孝行の始めである。

身を立て道を行い、名を後世に揚げ、以て父母を顕わすは、孝の終りなり

(『孝経』開宗明義章)
一人前の人物になり、正しい行いをして、死んだ後まで名が伝わるようにして、そんな立派な人物をよく育てたと父母が称えられるようにするのが、親孝行の最終目標である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange