スポンサーリンク

駅弁大学

駅弁大学(えきべんだいがく)

ジャーナリスト・評論家の大宅壮一の造語。
地方国立大学を揶揄した呼称。1949年に50校ほどの新制国立大学が設置されたが、それらが(人材不足等で)質的に劣ったものであると大宅が揶揄したもの。
「急行の止まる駅に駅弁有り、駅弁あるところに新制大学あり」と風刺した。
(参考:Wikipediaピクシブ百科事典

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange