スポンサーリンク

年齢をいう語

(本来は数え年でいうが、現在は満年齢でいうことが多い)

志学(しがく)

(「論語・為政第二」より。「十有五にして学に志す」)
15歳。

弱冠(じゃっかん)

(「礼記」曲礼上の「二十を弱と曰ひて冠す」から)
男子20歳のこと。

而立(じりつ)

(「論語・為政第二」より。「三十にして立つ」)
(男子)30歳。

不惑(ふわく)

(「論語・為政第二」より。「四十にして惑わず」)
(男子)40歳。

知命(ちめい)

(「論語・為政第二」より。「五十にして天命を知る」)
(男子)50歳。

耳順(じじゅん)

(「論語・為政第二」より。「 六十にして耳順う」)
(男子)60歳。

還暦(かんれき)

60歳。陰暦で、六〇年たつと生まれたときの干支(えと)に再び還るところから。赤いちゃんちゃんこは赤子に戻りもう一度生まれ変わって出直すという意味。

古希・古稀(こき)

70歳。杜甫(とほ)の詩「人生七十古来稀(まれ)なり」による。

致仕(ちし)

70歳。「礼記」の「丈夫七十にして事を致す」による。昔、中国で七〇歳になると退官を許したところから。

喜寿(きじゅ)

77歳。77歳の祝い。「喜」の字の草書体が「七十七」に見えることによる。

傘寿(さんじゅ)

80歳。80歳の祝い。「傘」の略字「仐」が「八十」に見えることによる。

半寿(はんじゅ)

81歳。「半」の字が、八、十、一と分解できることから。

盤寿(ばんじゅ)
81歳。将棋盤の升目が 9×9で81升であることから。

米寿(べいじゅ)

88歳。88歳の祝い。「米」の字が「八十八」に分解できることによる。

卒寿(そつじゅ)

90歳。90歳の祝い。「卒」の俗字「卆」が「九十」に分解できることによる。

白寿(はくじゅ)

99歳。99歳の祝い。「百」から「一」をとると「白」となることによる。

百寿(ひゃくじゅ、ももじゅ)

100歳。100歳の祝い。紀寿。

茶寿(ちゃじゅ)

108歳。「茶」の字を分解すると「十、十、八十八」で、足し合わせると108になることから。

皇寿(こうじゅ)

111歳。「皇」の字を分解すると「白(99歳)、一、十、一」で、足し合わせると111になることから。

頑寿(がんじゅ)

119歳。「頑」の字を分解すると「二、八、百、一、八」で、足し合わせると119になることから。

昔寿(せきじゅ)

120歳。「昔」の字を分解すると、「廿 (20)」と「百」になることから。

大還暦(だいかんれき)

120歳。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange