スポンサーリンク

結跏趺坐

結跏趺坐(けっかふざ)

(「跏」は足の裏、「趺」は足の甲の意)
坐法の一。両足の甲をそれぞれ反対のももの上にのせて押さえる形の座り方。先に右足を曲げて左足をのせる降魔坐(ごうまざ)と、その逆の吉祥坐の2種がある。仏の坐法で、禅定(ぜんじょう)修行の者が行う。蓮華坐(れんげざ)。
片足のみ他方の大腿部に乗せる法を半跏趺坐という。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。